視力はどれくらい回復しますか?
手術前の眼の状態にもよりますが、約 90 %の方が裸眼で 1.0 以上の視力を回復し、ほとんどの方がご希望の視力を得ています。
回復した視力はどれくらい持続しますか?
通常は半永久的と考えられていますが、なかには近視や遠視・乱視が少し戻ってしまうケースもあります。当クリニックでは、約5%の方が再手術を受けていらっしゃいます。初回手術から3年間は、無料で再手術いたします。
手術中、痛みはありますか?
点眼麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。ただし麻酔薬がきれると、しみたり異物感を感じる方もいらっしゃいます。痛みは個人差がありますが、数時間でなくなりますので、心配するようなものではありません。
失明することはありませんか?
まず考えられません。エキシマレーザーによる手術は、屈折矯正手術の中でも最も安全性の高い手術の一つです。多くのプロスポーツ選手や眼科医自身もこの治療を受けていますので、ご安心ください。
フラップがズレることはありませんか?
通常の生活でズレることはありません。ただし手術後早期に眼をぶつけたり、強くこすったりすると、ズレたり、しわができる可能性はあります。このような場合でも数日以内に整復すれば、ほとんどが治ります。
ドライアイでも手術を受けられますか?
はい、大丈夫です。ドライアイはコンタクトレンズの装用が難しい場合が多いので、レーシックは効果的な矯正法と言えるでしょう。ただし極度なドライアイの方には手術前に治療が必要になる場合があります。
手術中に瞬きをしたり、眼が動いてしまっても大丈夫ですか?
手術中は開瞼器という器具で眼を広げて固定しますので、瞬きをすることはできません。
エキシマレーザーはどこのメーカーのものを使用しているのですか?
いりなか眼科クリニックでは、厚生労働省の認可を得ている NIDEK 社のエキシマレーザー EC-5000CX を導入しています。 NIDEK 社のエキシマレーザーは日本の眼科専門医が数多く使っている装置の一つであり、性能・信頼性が非常に高いのが特長です。 またレーザー専門スタッフ(レーザーエンジニア)が手術中だけでなく、手術日以外も常にレーザーの状態を確認しています。 フラップ作製に使用しているマイクロケラトームは、 NIDEK社の MK ー 2000 、モリア社の LSK ー1の2種を使用しており、どとらも高性能の器械です。
コンタクトレンズをしていますが、すぐに手術を受けられますか?
コンタクトレンズの装用により角膜の形が変わっている可能性があります。適正な手術を行うためには、手術前の一定期間、コンタクトレンズを外していただく必要があります。 ハードコンタクトレンズ( HCL )は最低でも手術の4週間以上前、ソフトコンタクトレンズ( SCL )は、最終視力検査までに最低3日間以上、乱視用ソフトコンタクトレンズは最終検査までに最低2週間以上は装用を中止していただく必要があります。
■HCL の場合・・・手術の4週間以上前より装用中止
 ・装用中止中は眼鏡で生活してください。
 ・角膜の状態により、再検査または手術を延期する場合があります。
■HCL から SCL へ変更して手術に臨まれる方もいらっしゃいます。詳しくは医師にご相談ください。
■ SCL の場合・・・最終検査の3日以上前より装用中止
■乱視用 SCL の場合・・・最終検査より最低2週間以上は装用中止
※トーリック SCL(乱視用 SCL)は HCL 同様、手術の3週間以上前から装用中止となる場合があります。
クリーンルームとは、具体的にどのような部屋ですか?
クリーンルームとは、空気中の粒子濃度を指定された清浄度クラスに合致するように制御した空間を言います。当クリニックでは細かい粒子を捕集する高性能フィルター( HEPA フィルター)を用いて除塵、除菌を徹底。 定期的に清浄度を調べ、クリーン度の維持に努めています。現在までレーシック手術による感染症は1例もありません。 また手術中、フラップの下に繊維などが入らないよう、眼を被うドレープや余分な水分をとるスポンジなども繊維がでにくい製品を使用しています。
花粉症でも手術を受けられますか?
眼がかゆい、涙が止まらないといった花粉症の強い症状がある場合、角膜の表面が不安定になっています。この状態で手術を行うと矯正精度が低下したり、また手術後に眼を強くこすったりするとでフラップの接着に影響する場合もあります。 花粉症の方は手術前から目薬を点眼して症状を抑えたり、症状が強い場合は手術時期をずらすことをおすすめします。
50歳代ですが、レーシックは受けられますか?
検査をして適応であれば、ご高齢でも受けていただけます。
レーシックで老眼は治りますか?
残念ながら治りません。手術後、手元を見る時に老眼鏡が必要になります。ただし片眼を遠方に、片眼を近方に合わせること(モノビジョン)によって、老眼鏡を不要にすることは可能です。
遠隔地から手術は受けられますか?
はい、遠方の方には提携の宿泊施設を無料でご用意しておりますので、手術前後にご宿泊いただけば無理なく手術を受けていただけます。 なお手術前の適応検査から手術翌日までは、当クリニックで受診していただきますが、手術後の定期検査(1週間後、1・3・6カ月後、1年後、その後は1年おき)は、協力施設での受診も可能です。お近くの眼科施設をご紹介します。
将来、白内障・緑内障・網膜剥離などの手術は受けられますか?
全て受けられます。ただし白内障手術は挿入するレンズの度数を計算するときに、手術前の角膜形状のデータが参考になります。手術翌日の検査時にデータをお渡しいたしますので、未来の眼科治療にご活用下さい。
お風呂はいつから入れますか?
手術当日は肩から下のシャワーは可能ですが、眼に水が入らないようご注意ください。顔は濡れタオルでふく程度にしてください。翌日から入浴・洗髪・洗顔すべて可能です。
いつ頃からお化粧ができますか?
手術翌朝までお化粧はしないでください。以後は可能ですが、アイメイクは手術後1週間はお控えください。 また手術にあたっては眼を清潔・安静に保つため、手術2日前よりアイメイクを控えていただき、手術当日はお化粧、香水、整髪料、香りの強いクリームなどのご使用はお控えください。(エキシマレーザーの効果に影響します)
手術後に眼帯をする必要はありますか?
手術後1週間は、ゴミや予期せぬ衝撃がら眼を守るため、外出時は保護用メガネを装用してください。また就寝時は、保護用眼帯を使用してお休みください。
スポーツはいつ頃からできますか?
手術後1週間はスポーツを控えてください。ジョギングなどの軽いスポーツは、手術後1週間の検査で異常がなければ可能です。眼をぶつける恐れのある球技や格闘技などのスポーツ、水泳などは最低1カ月程度は控えるようにしましょう。
車の運転はいつ頃からできますか?
視力が回復したら運転は可能ですが、手術後1週間程度は対向車のライトなどが眩しく感じられる場合がありますので、夜間の運転は控えてください。また運転免許証の条件欄に「眼鏡等」とある場合は、限定解除の申請が必要です。
手術後コンピュータ作業などで、また近視が進むことはありますか?
長時間近くを見続けると、近視が進む可能性があります。1時間に5~10分程度の休憩をとり、ストレッチなどで体の緊張をほぐすように心がけてください。また照明を明るくしたり、モニター画面の反射を遮るフィルターを設置する、PC用のメガネを使用するなど、作業環境の改善も有効です。
手術後、紫外線の影響はありますか?
紫外線の影響は、手術を受ける受けないに関わらず、どなたにもあります。眼の保護のため、紫外線の強い夏や、日差しの強いスキー場などでは、紫外線カットのサングラスを使用するなど、眼の保護に努めてください。
手術には入院が必要ですか?
入院の必要はありません。手術当日に来院していただき、手術後30分程お休みいただけば、ご帰宅できます。