文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

安心できる検査環境を整えたいりなか眼科クリニックの緑内障治療

緑内障は視野が欠けていく病気です。
日本緑内障学会が、岐阜県多治見市で市民を対象に行った検査では、40歳以上の17人に1人が緑内障という結果が出ています。 自覚しにくく、治療の難しい緑内障は、年に1度は検査を受け、早期発見・早期治療することがとても大切です。

こんな方は緑内障かもしれません。早期検診をおすすめします。

  • ・40歳以上の方 ・血縁者に緑内障患者のいらっしゃる方
  • ・パソコンなどの画面を長時間見続ける仕事をされる方
  • ・視力表の一番上が見えないほど強い近視(高度近視)の方 ・ヘビースモーカーの方
  • ・網膜の異常がある方
  • ・眼圧が高いと以前に診断された方
  • ・健康診断などで緑内障の疑いがあると診断された方・かすみや視野が狭く感じる方

いりなか眼科クリニックの緑内障治療が選ばれる理由

治療のポイントは定期検査早期発見を実現する為の検査体制

当院では、視野の検査にハンフリーフィールドアナライザーHFA2(自動視野計)を採用することで、現在の状況を過去のデータとその場で比べることが可能です。
また、肉眼では分からない網膜の厚みを測定するOCT(光干渉断層計)も併用し、異常がある場合は早期発見できるため、いち早く治療を開始致します。

光干渉計(OCT)

緑内障・加齢黄斑変性症を早期診断する機器で、目の状態が一目で分かります。

緑内障のご説明

緑内障とは

緑内障とは、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。 自覚症状が無いまま、ゆっくりと進行し、一度失った視野は元のように戻ることが無いため、日本人の中途失明原因の第1位になっています。

緑内障が起こす症状

眼圧や眼の血流障害などにより、視神経が徐々に弱ると、視神経乳頭のへこみが広がり、視野が狭まっていきます。

右眼視野のイメージ

視野が狭くなっても、実際は両眼で見るため、お互いの見えない部分をカバーしあったり、眼を動かしたりしているため、見えていないことに気がつかない事が多いので注意が必要です。

緑内障の種類

  • ・原発開放隅角緑内障
  • ・原発閉塞隅角緑内障
  • ・正常眼圧緑内障
  • ・隅角が生まれつき未発達なことが原因の緑内障
  • ・糖尿病などによる網膜の病気が原因の緑内障
  • ・ステロイド剤などの薬剤による眼圧上昇が原因の緑内障

などの種類があります。

緑内障検査について

なぜ緑内障検査が必要?

40歳以上の方の、17人に1人は緑内障の疑いがあるともいわれています。
緑内障は、自覚症状が無いまま、ゆっくりと進行し、一度失った視野は元のように戻ることがありませんので、定期的に検査をして、変化を早めに発見することがとても大切です。

ハンフリーフィールドアナライザーHFA2(自動視野計)
早期発見・早期治療のために、検査を定期的に行います。

当院では、視野計にハンフリーフィールドアナライザーHFA2(自動視野計)を採用し、過去のデータと即座に比較することで、視野の変化を自動的に解析し、 緑内障だけでなく網膜疾患や脳血管障害などの視野異常の早期発見、早期治療に対応しています。

  • 視野を分かりやすい図で表示します。
  • 視野をグラフで表示し、以前の視野との比較もできます。

緑内障の治療方法

  • 1.診察時間内に受診保険証をご持参下さい。
  • 2.視力・眼圧・眼底検査視力検査は、現在の視力をはかります。眼圧検査は、目の表面に空気をあてて測定し、視神経乳頭部(目の中の視神経が一点に集まって脳へ向かう部分)を観察します。
  • 3.医師の診察現在の見え方などをたずね、緑内障の症状が出ていないかなどを診察します。
  • 4.視野検査視野検査時間:片眼
    10~15分
    検査方法:目をできるだけ動かさずに出てきた光を感じた時にボタンを押すだけです。
    (混雑の場合は後日ご予約)
  • 5.緑内障治療開始

    薬物療法

    点眼薬や、時には内服薬も併用し眼圧を下げ、緑内障の進行を抑えることをめざします。

    レーザー治療・手術

    薬物療法での効果が不十分な場合は、レーザー治療や手術を行います。

料金のご案内はこちら

あなたの眼の健康サポート まずは資料請求 0120-827-001

眼科専門医による緑内障治療。手術方法や不安にお答えする無料説明会を随時開催しておりますので、この場で何なりとご相談下さい。 どのような場合も、手術を無理にお薦めすることはありません。お気軽に説明会へいらして下さい。